大人の上野クリニックまとめ!

ペニス増大 ヒアルロン酸とアクアミド

安全性を重視するならヒアルロン酸!?
ペニス増大のために用いられる注入素材には、ヒアルロン酸の他に、コラーゲンやアクアミドなどもあります。

体内に吸収されるヒアルロン酸は、継続的な治療が必要

 
ヒアルロン酸やコラーゲンは、もともと体内にあるものなので、ペニス増大治療のために亀頭に注入すると、半年から1年くらいで体内に吸収されることになります。なので、注入しても安全性に問題はない、とされています。
というわけで、亀頭にヒアルロン酸やコラーゲンを注入するペニス増大治療は、安心して受けることができるのですが、金銭面では、自然に体内に吸収されるという特徴(安全性)が、逆にネックになってしまったりもします。注入したヒアルロン酸やコラーゲンが体内に吸収されれば、当然ながら、ペニスの大きさが元に戻ることになるからです。なので、亀頭を増大させたまま、その状態を維持するためには、継続的なヒアルロン酸やコラーゲンの注入が必要になり、その度に治療にかかる料金を支払わなければなりません。ですので、もしペニス増大治療を受けるつもりがあるのなら、その辺りの事情もよく頭に入れておく必要があります。
費用面のことだけを考えれば、ヒアルロン酸やコラーゲンではなく、アクアミドを注入するという選択肢も出てきます。ヒアルロン酸やコラーゲンとは違い、アクアミドは体内に完全に吸収されることがないので、増大効果を長く保つことができるからです。しかしながら、アクアミドは、一部では安全性に問題がある(発がん性物質であるという疑いなど)と言われているので、「コスパを考えるならアクアミド!」などと言うことはできません。
ちなみに、上野クリニックでは、アクアミドは使用していないようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >