大人の上野クリニックまとめ!

包茎 悪臭の原因

汗をかいただけでも現れる恥垢に注意!
亀頭が包皮に覆われている包茎のペニスは、どうしても臭くなりがち。その原因はズバリ…。

1日1回の入浴だけでは悪臭を防止しきれない!?

 
包茎のペニスは、亀頭が包皮に覆われているため、その内側部分が不衛生になりやすく、その結果、悪臭を放ちやすくなってしまいます。亀頭が包皮に覆われていると、そこにどうしても恥垢が溜まりやすくなってしまうので、マメに包皮を剝いて内側部分を洗浄し、清潔に保っておかないと、ツーンとくる嫌な臭いを発することになってしまうのです。
ちなみに、恥垢とは、俗に言うチンカスのことで、精液や尿、汗や皮脂腺からの分泌物が乾燥してカス化することによって現れ、亀頭とペニスの竿部分のつなぎ目の周辺にこびりつくことになります。悪臭の原因はこの恥垢で、時にチーズに似た異臭を発するため(イカ臭いなどとも表現されますね)、当然ながら、そこに鼻を近づけると大きな衝撃を受けることになってしまうわけです(男性自身は、そこに顔を近づけることはないので、性行為をした場合は、女性が最大の被害者になります)。
なので、真性包茎はもちろんのこと、仮性包茎での男性も、ペニスのにおいのチェックをマメに行う必要が出てきます。恥垢は、尿や精液を放出した場合はもちろんのこと、汗をかいただけでもすぐに現れるので、1日に1回は入浴して、ペニスを洗浄していればOKとは言い切れないので、小まめなチェックと洗浄が必要になってくるのです。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、自分の包茎ペニスのにおいがどうしても気になってしまう場合などは、電話やメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >