大人の上野クリニックまとめ!

仮性包茎の男性が圧倒的多数である理由

包皮切除の風習がない日本では、仮性包茎になるのが当たり前!?
「日本人男性の約7割が仮性包茎」。なんてことがよく言われるように、日本では、仮性包茎であることが、ある意味、スタンダード。その理由は…。

欧米、アフリカ、アジア、オセアニア、世界各地で今も広く行われている割礼

 
生まれた時は、みんな包茎。それは、日本人でも外国人でも同じ。それなのに、どうして外国人は、仮性包茎である確率が日本人に比べて低いのか? その理由はズバリ、欧米諸国だけでなく、アフリカやアジア、オセアニアの国々などでも、割礼(生まれた直後に性器の包皮の一部を切除する風習、儀式)が広く行われているから! そうなのです。外国人男性のズル剥け率の高さは、自然現象ではなく、人工的な施術によって維持されているもので、日本人と同じように、何もせずに放置しておいたら、仮性包茎になる確率は、グーンと上昇するはずなのです。
というわけで、日本人男性が仮性包茎になるのは、ある意味、当たり前。なので、恥じる必要などは何もないのです。マメな入浴とペニスの洗浄を心がけていれば(包皮の内側を清潔にしておくために)、基本的には、日常生活に支障をきたすこともありませんし(見栄えの悪さが気にある場合は、手術をすることも選択肢の一つになりますが)。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし仮性包茎であることに不安や不満を感じているのなら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >