大人の上野クリニックまとめ!

包茎のデメリット は、“見栄えの悪さ”だけではない!?

包皮の内側を清潔に保つことができないと病気になる!?
包茎のペニスは見栄えが悪い。なので、そのことがコンプレックスになり、恋愛に消極的になってしまう。また、包皮に覆われているいる内側の部分が不衛生になりやすく、そのことが様々な病気の原因にも…。

包茎であることが、淋病性尿道炎や、閉鎖性乾燥性亀頭炎、陰茎ガンなどの原因に!?

 
包茎のデメリットと言えば、まず、見栄えの悪さを挙げることができます。もちろん、それは個人の感性により異なり、ズル剥けよりも包茎のペニスの方が見た目がよい、と感じる方もいます。しかしながら、一般的には、亀頭の先まで包皮に覆われているペニスは、子供のそれのようで、気恥ずかしさを感じる人の方が多いようです。なので、女性の前でも堂々とペニスを晒すことが難しくなり、性行為に支障をきたすこともあるようです。
また、包茎であると、そのことが、淋病性尿道炎などの性病や陰茎ガン、閉鎖性乾燥性亀頭炎などの病気の原因になることもあるので、大きな注意が必要になります。包茎であると、どうしても包皮の内側の部分が不衛生になり、雑菌が繁殖しやしくなるため、先に挙げたような病気にかかりやすくなってしまうのです(自分が病気になることだけでなく、パートナーの女性を子宮頸ガンにしてしまう可能性がある、とも言われています)。
というわけで、包皮を自由に剝くことができない真性包茎であった場合は、早めに治療(手術)を受けることが非常に大切になります。仮性包茎であった場合も、包皮口が狭いタイプの重度の仮性包茎であった場合は、やはり、治療が必要になります(様々な病気になりやすいだけでなく、カントン包茎になるリスクもあるため)。包皮を自由に剝くことができる軽度の仮性包茎ならば、基本的には治療は不要なのですが、それには、マメに入浴をして、包皮の内側の部分を清潔に保つようにすることが条件となります。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、包茎の治療に関して何か訊きたいことがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >