大人の上野クリニックまとめ!

仮性包茎の定義

平常時に包皮がスッポリと亀頭を覆っていても、手で剝くことができれば仮性包茎!?
仮性包茎とは、手で包皮を剝くことができる包茎のこと。普段は、包皮が亀頭に全被りしていても、手で自由に包皮を剝くことができれば、真性包茎ではないのです!

包皮口が狭い重度の仮性包茎には、カントン包茎に陥るリスクが!

「亀頭が包皮にスッポリと覆わていたら真性包茎」。そう思われている方も少なくないようなのですが、普段、亀頭が包皮ですべて隠れていてしまっていても、手で剝くことができれば、それは、仮性包茎ということになります。
仮性包茎は、真性包茎とは違い、保険が利きません。それは、「仮性包茎であっても、日常生活に支障をきたすことがないので、治療(手術)をする必要はない」ということを意味しているわけですが、もし包皮口が狭いタイムの重度の仮性包茎であった場合は、早めに治療をしておいた方がいいかもしれません。なぜかと言えば、包皮口が狭いと、手で剥くことが難しいだけでなく、強引に剥いてしまった場合、亀頭の先端が締め付けられて腫れてしまい、元に戻せなくなってしまうことがあるからです(その状態がカントン包茎)。
というわけで、重度の仮性包茎であった場合は、早めの治療(手術)が必要になるのですが、自由に手で皮を剝くことができる軽度の仮性包茎であっても、風呂嫌いであったり、体の洗い方が雑な男性は、少し注意が必要になります。マメに入浴をして、普段、包皮に覆われている内側の部分を清潔に保つようにしておかないと、そこにカスが溜まり、悪臭を発することがあるからです。また、仮性包茎には、陰毛が包皮に絡まりやすいため、陰毛が引っ張られて痛くなったり、逆に陰毛が包皮を傷つけてしまうこともある、というデメリットもあるので、そういったことが気になる方は、早めに治療を受けたほうがいい、ということになります。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし手術を受けるかどうかで迷っている場合は、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >