大人の上野クリニックまとめ!

ED予防 生活習慣病に注意!

30歳を過ぎたら、男性ホルモンの一種であるテストステロンが減少していくので…
EDに年齢は関係ない。なぜならば、EDには、メンタル面の不調が発症の原因になる、心因性のEDというものがあるから! ですが、どちらがなりやすいかと言えば、やはり、若者よりも中高年の男性であるようで…。

生涯現役でいるためには、健康管理が一番大事!

 
年齢を重ねていくと、EDになりやすくなる。残念ながら、それは紛れもない事実。なぜならば、30歳を過ぎたあたりから、男性のホルモンの一種である、テストステロンの分泌量が減少していってしまうから。テストステロンは、筋肉の増強や体毛の増加などの作用とともに、一酸化窒素を供給して血管の健康を保つという働きもしてくれているため、テストステロンの分泌量が減少してしまうと、段々と勃起しにくくなってしまうのです。勃起は、陰茎海綿体に血液が流れ込むことによって起きるので、その際に、陰茎海綿体の動脈を拡げる役割を果たしている一酸化窒素の供給量が減少してしまうと、EDになりやくなってしまうわけです。
また、年齢を重ねていくと、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病にかかる確率が高くなっていくので、やはり、ある程度の年齢に達したら、EDを警戒する必要が出てきます。ただし、当然ながら、テストステロンの減少量には個人差がありますし、健康管理をしっかりしていれば、高齢になっても生活習慣病を回避することはできます。なので、年を取っても元気なまま、一生現役であり続けることは十分に可能。実際、徳川家康は、66歳で子供を授かることができたようですし。
というわけで、生涯現役でいるためには、健康管理が一番大事。上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か訊きたいことがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >