大人の上野クリニックまとめ!

若者のED

EDには心因性のものもあるので、若くても安心はできない!?
「EDは、中高年の男性がかかる病気」。それは単なるイメージで、実際には、年齢が若くても、EDになることは十分にあり得ます。

ストレスを感じやすい人は要注意!

 
EDの原因は、簡単に言えば、血液の流れが悪くなること。勃起は、陰茎海綿体に血液が流れ込むことによって起きるので、血液の流れが悪くなってしまうと、勃起しにくくなってしまうのです。なので、血液の流れが悪くなれば、年齢に関係なく、EDに陥りやすくなります。ですが、血液の流れを悪くする動脈硬化を引き起こす原因は、中高年の男性がかかることが多い、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの生活習慣病であるため、やはり、若者よりも、中高年の男性が、EDに陥る確率の方が高くなっています。
しかしながら、EDには、動脈硬化が原因となる器質性のものだけでなく、様々なストレスが原因で起きる心因性のEDがあるので、残念ながら、「若いから大丈夫」とは、まったく言えないのです。実際、若者のED患者は、年々、増加していますし。
ちなみに、心因性のEDを引き起こす原因としては、過去のSEXの失敗経験や、子供の頃に受けた厳しい躾による女性へのトラウマ、多忙な仕事や人間関係のストレスなどを挙げることができます。
というわけで、年が若くても、EDに陥る可能性は十分にあります。なので、もし何か不安なことがあったら、まずは一度、電話かメールで、上野クリニックに問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも、無料で応(答)えてくれるようなので。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >