大人の上野クリニックまとめ!

包茎矯正器具

外科手術に比べると費用は安いが、効果の個人差が大きく、確実性なし!?
包茎の治療法には、外科手術以外に、矯正器具を使って改善させる方法があります。ですが、矯正器具を使った治療法は、効果に大きな個人差があるようで…。

リング、下着、シール。タイプはいろいろだが目的は一つ。剝き癖をつけること!

 
現在、市販されている包茎用の矯正器具には、リング、下着、シールという3種類のタイプがあります。リングは最もポピュラーな矯正器具のタイプで、余分な包皮をペニスの根元に集めた状態でリング状の器具を装着して、亀頭が露出した状態を保つようにします。下着は、下着と矯正器具が一体となっているタイプの矯正器具で、下着の正面部分にリングが取り付けられており、そこに亀頭を通して包皮が剝けた状態を保つようにします。シールの使用法は非常にシンプルで、包皮をペニスの根元に集めた状態でシールを接着し、亀頭を露出させた状態を保つようにします。
というわけで、3種類の包茎矯正器具は、タイプ(形)は違っていても、目的はすべて同じで、包皮を剝けた状態を保つことによって、ペニスに“剥け癖”をつけるようにします。ですが、どのタイプの矯正器具も効果に個人差が大きく、外科手術のように、確実に亀頭を露出させることができるようになるわけではないので、投資した金額と努力(労力)が水の泡になることも少なくないので、実際に使用する際には、そういったことも頭に入れておく必要があります。
ちなみに、上野クリニックでは、外科手術による治療を推奨しているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >