大人の上野クリニックまとめ!

包茎の問題と治療の必要性

包茎であると、包皮の内側が不衛生になりやすく、それが悪臭や性病の原因に!?
包茎にはいろいろな問題があるのですが、軽度の仮性包茎の場合は、手術をする必要はありません(包皮の内側を清潔に保つことが条件。「常にズル剥けの状態になるようにして、ペニスの見栄えをよくしたい」という願望がある場合は、手術をすることが一つの選択肢になります)。ですが、重度の仮性包茎や真性包茎であった場合は…。

包皮の先端部分が狭くなっている、重度の仮性包茎は早めの治療が必要!

包茎には、仮性と真性という2つの種類があります。仮性包茎は、最も多い包茎のタイプで、日本人男性の約7割が仮性包茎だと言われています。
仮性包茎は、亀頭が包皮に覆われてはいるものの、平常時だけでなく勃起時でも亀頭を露出させる(包皮を剝く)ことが可能であるので、基本的には、治療(手術)を必要としません。ですが、風呂嫌いであったり、入浴時の体の洗い方が大雑把である場合は、ちょっと注意が必要。なぜかと言えば、そういうタイプの人は、「包皮の内側にカスがたまりやすくなるため、ペニスが不衛生になってしまう」可能性が高いから。ペニスが不衛生になると、それが悪臭や性病の原因のなることがあるので、仮性包茎である場合は、包皮の内側を清潔に保つようにすることが、とても大切になるのです。
また、仮性包茎の中には、包皮の先端部分(包皮口)が狭くなっているタイプがあり、その場合は、無理に剝いてしまうと、包皮口が亀頭の根元を締めつけて元に戻らなくなることがあるので(その状態をカントン包茎と言います)、大きな注意が必要で、真性包茎(包皮の先が狭く、平常時でも手で亀頭を露出できない)と同じように、早めの治療(手術)が必須にして重要になります。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、「包茎の手術を受けたいという気持ちはあるのだけど、漠然とした不安があって、なかなか決断ができない」という方は、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >