大人の上野クリニックまとめ!

包茎と肥満の関係

肥満はEDだけでなく、包茎の原因にもなる!?
肥満は万病のもと。肥満は、糖尿病や動脈硬化、心臓疾患など、いろいろな病気の原因になります。なので、暴飲暴食を続けている人は、食生活の改善が非常に大事。肥満は、包茎の原因になることもあるので…。

中年期以降の皮余り現象に注意!

肥満がEDの原因になることは、よく知られたこと。ですが、包茎の原因にもなることを知っている方は、おそらくあまり多くはないはず。基礎代謝の低下や慢性的な運動不足、暴飲暴食などにより、体型が中年太りになると、弛んできたお腹の肉にペニスが埋もれてしまい、その結果、包茎になってしまうケースがあるのです。それでなくても、年齢が中年の域にさしかかると、性生活の回数が減り、ペニスの用途がほぼ排泄だけになってしまうため、ペニスは自然に縮小傾向になり、包皮が余ってきてしまいます。そこに肥満という要素が加われば、当然…。
というわけで、年を取ってから包茎になる男性も少なくないのですが、そうならないためには、食生活を改善させることが非常に大切になります。当然ながら、適度な運動も必須になるのですが、一番大事なのはやはり、食事の管理。逆に言えば、いつまでも暴飲暴食を続けていると、肥満になるだけでなく、それが糖尿病や動脈硬化、心臓疾患などの原因になり、さらにそこからEDや包茎に陥るという、負のスパイラルが続くことを覚悟しなければなりません。そう、実は、肥満は非常に厄介で、とても怖いものなのです。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もしペニスの包皮が余ってきているように感じたら、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >