大人の上野クリニックまとめ!

性病の種類⑤ 性器カンジダ症

男性よりも女性の方が発症しやすいのは、性器の構造の違いが原因!?
性器カンジダ症は、カンジダという真菌が性器に感染する病気。男性よりも女性が発症することが多く、その場合は、カンジダ膣炎、または、膣カンジダ症と呼ばれます。

性器周辺部に痒みを感じたり、ヨーグルト状のオリモノが出てきたら、すぐに病院へ!

 
カンジダは、カビの一種で、最初から人間の体内に存在しています。なので、厳密に言えば、性器カンジダ症は性病とは言えないのですが、カンジダが性器に感染すると、女性の場合は性器の周辺部や外陰部に、男性の場合は、亀頭や陰茎に痒みや炎症が起きることがあるので、やはり、大きな注意が必要になります。
性器カンジダ症は、女性が発症することが多い病気です。その理由はズバリ、女性の性器は通気性がよくないから。女性の性器は、男性の性器のように外に露出していないため、どうしても湿気が高くなってしまうので、カンジダが繁殖(増殖)する確率が高くなってしまうのです。
というわけで、女性は特にカンジダを警戒する必要があるのですが、実際に、性器周辺部の痒み(炎症)やヨーグルト状のオリモノがが出てくるといった症状が出てきた場合は、できるだけ早く病院に行き、治療(軟膏の塗布や膣洗浄など)を受けることが非常に大切になります。ちなみに、上野クリニックでは、性病の検査や治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に思うようなことがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >