大人の上野クリニックまとめ!

性病検査の内容

HIV、クラミジア、淋病、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎…。チェックしたい病気の種類によって、検査の内容が微妙に変わる!?
性病検査の内容は、検査項目(病気の種類)によって変わってきます。調べたい病気の種類によって、採取するもの(検体)が違ってくるからです。

血液や尿の検査だけでなく、カルポーターを使った喉の検査などもあり!

 
最も多く行われている性病検査はズバリ、血液検査! その方法は、血液を少量採取して血液中の成分を検査する、というもので、血液検査を行うと、HIVやクラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎などの性病にかかっているかどうかを判別することができます。
男性がクラミジアや淋病の検査をする際には、尿検査が行われることもあります。健康診断などの尿検査では、腎臓や尿路系の疾患のチェックをするために、尿の中に含まれているタンパク質や糖を調べることになるですが、性病の検査を行う場合は、尿の中に病原体が存在しているかどうかを判別します。女性の場合は、尿ではなく、膣分泌液を採取してチェックを行います。
また、オーラルセックスでも感染するクラミジアや淋病は、喉のチェックも大切になります。この検査では、カルポーターと呼ばれる採取器具(綿棒)を使って、扁桃腺付近を軽くこすって粘膜を採取し、クラミジアや淋病に感染しているかどうかを判別します。
というわけで、性病の検査の方法はいろいろあります。上野クリニックでは、性病の検査や治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、「実際に行われている検査の方法について、もっと詳しく知りたい!」という方は、電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >