大人の上野クリニックまとめ!

性病予防 オーラルセックスは危険!?

感染者数トップ2のクラミジアと淋病は、いずれも喉への感染が起こりやすい病気なので…
性病を予防するためには、コンドームの装着が必須にして非常に重要。性病の中には、オーラルセックスだけで感染するものもあるので、挿入前にではなく、ペニスが勃起をしたらすぐに!

重症化すると不妊や子宮外妊娠の原因にも!

梅毒、コンジローマ、カンジダ、トリコモナス、HIV…、性病にはいろいろな種類がありますが、最も感染者が多いのはクラミジアで、その次が淋病。クラミジアと淋病は、いずれも女性には自覚症状がないことが多いため、感染に気付かぬままに誰かにうつしてしまうケースが少なくなく、また、喉への感染が起こりやすい病気でもあるので、自然に感染が広がっていってしまっている、と容易に想像することができます。
そんな感染しやすいクラミジアと淋病を予防する方法は、ズバリ、ペニスが勃起したらすぐにコンドームをつけること! クラミジアと淋病のウイルスは、精子だけでなく、カウパー腺液(先走り液)にも含まれていますし、女性の喉が感染していた場合は、ペニスとの接触があれば、当然ながら、相手の男性を感染させる可能性が出てくるので、挿入直前にコンドームをつけるのではタイミングが遅く、感染する確率が高くなってしまうからです。また、クラミジアと淋病は、前述したように、女性の場合、症状が出ないことが多いのですが、放置しておくことによって重症化し、不妊や子宮外妊娠の原因になることもあるので、大きな注意が必要になります。
というわけで、性行為をする際には、コンドームを必ずつけることはもちろん、そのタイミングは、少なくともオーラルセックスの前にすることが、非常に大切になります。ちなみに、上野クリニックでは、性病の治療や検査だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも答(応)えてくれるようなので、もし、クラミジアや淋病に関して、何か訊きたいことがあったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >