大人の上野クリニックまとめ!

感染力が強く、オーラルセックスでも感染するクラミジア

性経験がある、20代前半の女性の5人に1人が感染している!?
日本で最も感染者数が多い性病はクラミジア。その数は、なんと100万人以上!

大半の女性は自覚症状がなく、感染に気付かぬまま誰かにうつしてしまう!?

 
クラミジアは非常に感染しやすい性病で、一度の性交渉で感染する確率が50%にもなる、とも言われています。そのため、日本には今、100万人以上のクラミジアの感染者がいる、とも言われており、実際、性病予防の知識が少ない若年齢層を中心にして、感染が拡大しています(クラミジアの感染者の約7割が、10~20代の男女とされています)。
というわけで、クラミジアは今、最も注意すべき性病の一つと断言することができるのですが、若い女性の感染者数が急増している(一部では、20代前半の女性の5人に1人がクラミジアに感染している、と言われています)、ということも頭に入れておいた方がよいでしょう。クラミジアに感染しても、女性の場合、自覚症状があるのは全体の2割程度なので、感染しても気付かずに放置してしまうことが多いため、男性が女性からもらってしまう確率が自然に高くなってしまうので、大きな注意が必要になるからです。なので、風俗店に行って、若い女性に相手をしてもらう時などは、当然ながら、要注意ということになります。
そんなわけで、「若めの女性との性交渉がある方は、クラミジアにいつ感染してもおかしくない」とも言えるので、もしクラミジアらしき症状(排尿痛や尿道から透明な膿が出るなど)が出たら、できるだけ早く病院に行って、診察を受けることが非常に大切になります。ちなみに、上野クリニックでは、性病の治療や検査だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも答(応)えてくれるようなので、性病らしき症状が出ていなくても、何か心配事があったら、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >