大人の上野クリニックまとめ!

投薬療法以外のED治療法

心理療法、ホルモン注射、ICI治療などがあり!
EDの治療法と言えば、バイアグラなどのPDE5阻害薬を用いた投薬療法。ですが、当然ながら、他にもいくつか方法があります。

どの治療法を選ぶにせよ、まずは医師に相談!!

 
バイアグラなどのPDE5阻害薬は、硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の方や、重度の肝機能障害のある男性などは、服用することができません。また、PDE5阻害薬を服用しても、思うような効果を得られない方もいるので、ED治療には、それらの薬を用いた投薬治療以外にも、いくつか治療方法が用意されています。
まず、仕事や対人(女性)関係のストレスや、過去のトラウマなどが原因となる心因性のEDであった場合には、心理療法(カウンセリングや精神分析)によって、EDの症状を改善させることが可能になります。EDの原因となっている不安や悩みを取り除くことができれば、EDから脱することが可能になるからです。
また、男性ホルモンの減少がEDを招くこともあり、実際にそうなった場合には、注射をして男性ホルモンを補充し、EDを改善させることができます。注射による治療には、その他にも、陰茎の海綿体に血管作動薬(血管拡張剤)を直接注射して、勃起状態を作り出す、ICI治療と呼ばれるものもあります。ただし、日本では、患者が自分で注射をすることは認可されておらず、実際にICI治療を行うと、局所の疼痛や皮下出血、海綿体線維化、硬結、頭痛などの副作用が出ることがあるので、大きな注意が必要になります。
というわけで、EDの治療には、投薬療法以外の方法がいくつかあるのですがどの治療を行うにせよ、最初にきちんと専門の医師に相談することが非常に重要になります。ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる疑問や悩みにも答(応)えてくれるようなので、「いきなり病院に行くことには、正直、ちょっと抵抗がある」という方は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >