大人の上野クリニックまとめ!

ED治療 PDE5阻害薬を用いた投薬療法

PDE5の働きを阻止すれば、勃起が可能に!?
EDの治療法と言えば、バイアグラなどのPDE5阻害薬を用いた投薬療法。今回は、PDE5阻害薬の具体的な働きについて、解説させていただきます。

バイアグラ、レビトラ、シアリスは、すべてPDE5阻害薬!

男性は、性的な刺激を受けると、脳から神経を介して一酸化窒素が放出され、ペニスの中でサイクリックGMP(環状グアノシン一リン酸)という血管を拡張させる物質が増加し、そのことによって海綿体に血液が流れ込みやすくなり、ペニスが勃起することになります。ですが、サイクリックGMPが放出されたままだと、永遠に勃起したままになってしまうため、勃起してからしばらく経つと、今度は、その働きを阻害する酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)が放出され、サイクリックGMPによって広がった海綿体の血管が収縮し、勃起が収まることになります。
というわけで、PDE5の働きを阻止すれば、長く勃起していることが可能になります。PDE5阻害薬とは、まさにその働きをしてくれるもので、実際に服用すると、サイクリックGMPを長持ちさせ、勃起をしやすくしてくれます。現在、日本で認可されている3種類のED治療薬、バイアグラ、レビトラ、シアリスは、すべてPDE5阻害薬で、前述したような働きをしてくれるため、EDに悩む男性たちの大きな支持を集めているわけです。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる疑問や悩みにも答(応)えてくれるようなので、ED治療を検討中で、「EDの治療薬について、もっと詳しく知りたい!」と思っている方は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >