大人の上野クリニックまとめ!

亜鉛、アルギニン、アリシン 「EDに効く成分」

亜鉛が不足すると、精子の量が減少し、性感も低下する!?
亜鉛、アルギニン、アリシン、セレン、ムチン。これらはすべて、EDの改善に有効とされている成分。ただし、これらの成分が含まれている食事やサプリメントは、EDの特効薬ではないので、「摂取し始めたら、いきなりギンギンに!」なんてことは、あり得ない。なので、長いスパンで摂取し続けることがとても大切! ということになります。

サプリメントはあくまで栄養補助食品!

 
EDに効く成分として一番有名なのは、ズバリ、亜鉛! 亜鉛は、人体に必要とされる必須ミネラルの一つで、亜鉛が不足すると、精液の量や精子の数の減少、性感や性機能の低下、勃起障害や不全、持続力の低下など、生殖機能に大きな影響が発生する可能性が出てきます。なので、逆に言えば、しっかりと亜鉛を摂取すれば、「下半身の不調の回復につながる」と考えることができるのです。
アルギニンは、必須アミノ酸の一つで、成長ホルモンを合成し、免疫反応を助ける働きをするとともに、生殖の機能を高め、精子の数を増やしてくれます。また、勃起の際に血管を拡張して血流をよくする、一酸化窒素の原料になるとも言われています。
というわけで、EDの症状が出てきたら、亜鉛やアルギニンが含まれている食事やサプリメントを意識的に摂取することが、EDの症状を改善させるための一つの選択肢となります。ただし、亜鉛やアルギニンの摂取量を増やせば、必ずEDが改善するというわけではありませんし、実際に効果が見られる場合でも、すぐに劇的な変化が起きるわけではないので、EDの症状を改善させるためには、長いスパンでの摂取が必要、と心得ておく必要があります。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる疑問や悩みにも答(応)えてくれるようなので、もし何か気になることがあったら、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >