大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術 環状切開法と背面切開法

簡単、安全で料金もリーズナブルだが、術後の美しさは…。
病院の泌尿器科で行われる包茎の手術方法としては、環状切開法と背面切開法が一般的。どちらも保険が利くため、出費を安く抑えることができます。

背面切開法は、真性包茎を仮性包茎にするだけ!?


 環状切開法とは、ペニスの先端部分、亀頭部の下あたりにメスを入れ、そこから横にグルリと一周するように切開していく手術方法。比較的簡単に治療ができ(所要時間は20分くらいで、失敗が少ない)、出血量も少ないというメリットがあるのですが、それと同時に、手術痕が目立ってしまい、ツートンカラーになりやすいという、大きなデメリットもあるため、術後の美しさを重視する男性には、敬遠されることが多くなっています。
背面切開法は、狭い包皮口を広げることを目的にして行われる手術方法で、具体的には、まず最初に包皮の背面に縦の切れ目を入れ、その後に切開部分を左右に開き(広げ)、最後に、横に広げた切開部分を縫合して終了、ということになります。背面切開法は、包皮を切除するわけではないので、手術が簡単(安全)で、裏筋の反対部分を覆っている包皮にメスを入れるので、性感帯を傷つける心配もないので、安心して手術を受けることができます。ですが、この手術を行っても、ズル剥けになるわけではなく、真性包茎を仮性包茎の状態にするだけなので、実際に手術を受ける場合は、大きな注意が必要になります。
ちなみに、上野クリニックでは、高度な技術が必要とされる、複合曲線作図法を採用しているようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >