大人の上野クリニックまとめ!

真性包茎の治療方法

包茎手術以外に、ステロイド軟膏を使った治療方法もあり!
真性包茎は、自分の手で包皮を剝くことができません。なので、包皮の中を清潔に保つことは難しく、早めの治療が必要になります。

ステロイド軟膏を使った治療の効果は?

 
真性包茎は、包皮口(亀頭を覆っている包皮の入り口の部分)が非常に狭い(小さい)ため、亀頭を露出させることができません。なので、包皮に包まれているペニスの内側の部分に垢が溜まりやすく、それが悪臭や炎症を引き起こすことになります。また、包皮の内側の部分を清潔に保つことができないため、病気の原因になる細菌が繁殖しやすく、最悪の場合、陰茎癌を招くこともあります。
というわけで、真性包茎であった場合は、早期の治療が必要となります。真性包茎の治療には、手術以外にもう一つ方法があります。それは、軟膏を使った治療方法で、具体的には、包皮の先端にステロイドの軟膏を塗り、包皮口を柔らかくし、包皮をゆっくり伸ばしていくようにします。もちろん、その治療は、繰り返し行わなければなりません。そうして、少しずつ包皮が剝けた状態にペニスを慣らしていき、最終的には、包皮が剝けた状態を維持できるようにします。
ただし、軟膏による治療の効果は、それほど高いとは言えません(副作用などを考慮する必要もあります)。なので、「その治療を行っても、真性包茎から脱することができなかった」という結果も、十分に考えられます。だから、最初から手術を選択する男性も少なくありません。
上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし、包茎の治療方法に関して何か訊きたいことがあったら、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >