大人の上野クリニックまとめ!

仮性包茎 包茎手術の必要性

カギを握るのは包茎の程度。いつでも簡単にズル剥けにできるなら、そのままでOK!?
日本人男性の7割が包茎で、その大部分(8割以上)が仮性包茎。となれば、仮性包茎であることは、ある意味、普通のこと。だから、手術などをする必要はない?

重度の仮性包茎の場合は要検討。包皮の内側を清潔に保つ自信がない男性も…。

 
平常時は亀頭の一部または全体が包皮で覆われているけれど、勃起時には包皮を簡単に、スムーズに剝くことができる。それが仮性包茎の定義。ただし、一口に仮性包茎と言っても、その程度は様々。当然ながら、亀頭を覆っている包皮の量が多い、重度の仮性包茎もあり、その場合は、真性や嵌頓包茎であった時と同様に、早めに手術を受けることが得策、ということになります。
真性や嵌頓包茎と違い、仮性包茎は、基本的には、治療や手術を受ける必要はありません。なぜかと言えば、勃起時以外には亀頭が包皮に覆われていたとしても、入浴の際にきちんと皮を剝いて、しっかりと洗浄するようにしておけば、病気の元になる細菌の繁殖を防ぐことができるから(もちろん、悪臭も)。ですが、重度の仮性包茎であった場合は、いわゆる“ズル剥け”の状態にできないため、包皮の内側を清潔に保つことが難しくなり、その結果、悪臭はもちろんのこと、亀頭の痒みや腫れなどの症状が出る亀頭包皮炎になってしまうこともあるので、そういった病気を予防するためにも、手術をすることが一つの選択肢となるのです(重度の仮性包茎は、早漏の原因にもなりますし)。
というわけで、仮性包茎であった場合の包茎手術の必要性は、「包茎の程度によって」ということになります。上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる疑問や悩みにも応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に思うようなことがあれば、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >