大人の上野クリニックまとめ!

素股と性病感染

「挿入をしなければ安全」は幻想!?
女性の膣にペニスを挿入するわけではないから、素股は安心。そんな風に思っている方は、けっこう多いのではないでしょうか? ですが、残念ながら、それは正しい見解とは言えません。素股で性病に感染する可能性は、決して低くはないからです。

膣分泌液とペニスの接触で性病に感染!?

 
素股とは、男性の性器を女性の股に挟んで圧迫、摩擦する行為(プレイ)のこと。ヘルスやイメクラなどの本番NGの風俗でよく行われています。
素股は、女性の膣の中に男性のペニスを挿入するわけではないので、当然ながら、妊娠のリスクを大きく低減することができます(完全に防げるわけではないようです)。ですが、性病に感染する確率は決して低くはありません。素股でも、女性の体液(膣分泌液)と男性の粘膜部分(ペニス)が接触することが十分に考えられるので、相手(サービス)をしてくれる女性が性病に感染していた場合は、当然ながら、性病がうつることをある程度、覚悟しなければならないからです。
というわけで、本番やオーラルセックスのない風俗にも、性病感染のリスクはあるわけですが、素股をする際にコンドームを装着して行えば、ある程度は性病感染を防止できるようです。なので、できることなら、素股はコンドームを装着して行い、さらに、それからしばらくしたら、病院に行ってきちんと性病の検査を受けるようにする。それが、望ましい行動パターンということになります。
ちなみに、上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、ヘルスやイメクラなどで素股を楽しんだ後に、もし何か下半身に違和感を覚えたら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >