大人の上野クリニックまとめ!

淋病の症状

尿道炎による激しい排尿痛は男性だけ。女性は自覚症状なし!?
1回のセックスで感染する確率が高く、男性が風俗で感染することも多いとされる淋病。その症状は…。

淋病を防止するためには、定期的に検査を受けることが大切!

淋病は、口や性器が直接、触れ合うことによって感染します。なので、口と性器が接触することになるオーラルセックスでも感染し、女性は感染しても症状が出ないことが多いため、知らぬ間に感染が広がっていってしまうことも珍しくありません。淋病の主な症状としては、男性なら尿道炎による激しい排尿痛や精巣上体の腫れ、女性の場合はオリモノの増加や下腹部の痛みなどを挙げることができるですが、女性がそれらの症状を自覚することは少なく、淋病に感染していることに気付かない場合が多いため、男性にうつしてしまうだけでなく、放置しておくことによって、卵管炎や骨盤腹膜炎をおこし、 子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあるので、大きな注意が必要になります(妊娠中に淋菌に感染すると、流産や早産、破水の原因になることもあります)。
というわけで、淋病を予防するためには、特に女性は、定期的に病院で検査を受けることが大切になります。もちろん、風俗のお世話になっている男性は、性病検査が必須となりますが、実際に検査を受ける時は、できることならパートナーの女性と一緒に病院に行くようにした方がよいでしょう。
ちなみに、上野クリニックでは、性病の検査や治療だけでなく、性病に関するあらゆる疑問や悩みにも答(応)えてくれるようなので、もし何か不安を感じたら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >