大人の上野クリニックまとめ!

自覚なきED患者

実際にEDの治療を行っているのは、全体の1割程度!?
日本人男性のED人口は1100万人以上と推定されています。なので、EDの診察や治療を専門に行っているクリニックも少なくありません。ですが、きちんと治療を行っている男性は、少数であるようで…。

EDの診察でパンツを脱がされることはないので心配は無用!

EDの治療は、病院の泌尿器科や美容外科系のクリニックなどで受けることができるのですが、ED治療に対するニーズの高まりにより、EDの治療を専門に行うクリニックが少しずつ増えてきています。ですが、実際にEDの治療を行っているのは、EDの推定人口(1100万人)の1割程度と言われており、放置することにより、EDの症状が悪化していくことが大いに懸念されています。
ED治療を行う男性が少ない理由には、まず、EDだという自覚を持っていない人が多い、という事情があります。実際にはEDになっているのに、“何だか、最近、勃ちが少し悪いな。でも、疲れとか、そういうことが原因なんだろ”くらいに軽く捉えている男性が少なくなく、そのまま放置してしまうケースが非常に多いのです。また、性病などと同じように、下半身の病気ということで、気恥ずかしさから病院で診察を受けることを躊躇してしまう男性も、少なくないようです。EDの診察は、基本的には問診なので、“パンツを脱がされてしまうのでは?”などと、心配する必要はありません(泌尿器科で診察を受けた場合には、ED以外の病気をチェックするために、触診や採血、検尿などの検査が行われることもあります)。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、もし何か治療に関する不安や心配事がある場合は、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >