大人の上野クリニックまとめ!

性病の基礎知識1 とても怖い性病

性病放置でガンに!? 不妊、流産、子宮外妊娠……、パートナーにも重大リスク! 
たかが性病と侮るなかれ。性病は、重大な病気を引き起こすきっかけに十分になり得る、怖い病なのだ。大切なパートナーである女性に与える影響も非常に大きく、女性が妊娠中であった場合は、お腹の中にいる赤ちゃんにまでダメージを与えることさえあるのだ。

下半身に異変を感じたらすぐに検査、診察! それは男の責務!!

数年前に某大物お笑い芸人さんが、自身が毛じらみに感染した経緯をおもしろおかしく語っていたことの影響もあるのか、どこかコミカルなイメージもある性病。しかしながら、性病は、実はとても怖い病気。コンジローマという性病は、放置しておくとガンの原因になったりもするので、笑い事になんてとてもできない。少し神経質になるくらいの十分な注意とケアが必要なのです。

性病になると、粘膜が炎症を起こして抵抗力が落ちるため、いろいろな病気にかかりやすくなり、時には、不妊の原因となる前立腺炎や精巣上体炎を引き起こすことさえある。エイズに感染する確率も、正常な人の2~5倍になると言われているので、本当にシャレにならないのです。

さらに、女性に性病をうつしてしまうと、子宮外妊娠、不妊、流産、子宮ガンなど、重大な病気に発展する可能性があり、性病に感染したまま出産してしまうと、産まれてくる赤ちゃんに障害が現われることまであるので、男性の責任は本当に重大。

だから、下半身に少しでも異常を感じたら、必ずすぐに検査、診察を受ける。これは男としての、いや、人としての重大な義務! なのです。というわけで、自身や大切なパートナーの身を守ることはもちろん、自分と関わる全ての人に迷惑をかけることがないように、くれぐれも注意してください。充実した楽しいセックスライフを送るためにも。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >