大人の上野クリニックまとめ!

多くの包茎男性が病院の泌尿器科ではなく美容系クリニックを選択する理由

金額の開きは10万円以上!? 金額よりも中身を重視!
保険が利く病院の泌尿器科で真性包茎の手術を受けた場合、料金は数万円で済みますが、自由診療の美容系クリニックで治療(手術)を行うと、少なくとも10万円以上の費用がかかります。となれば、大半の男性は、「泌尿器科で手術をしてもらった方がいいな」と思うはずなのですが、実際には、美容系クリニックで手術を受ける人が圧倒的に多いようです。

仕上がりの美しさを求めるなら美容系クリニック!?

なぜゆえに、病院の泌尿器科ではなく、美容系のクリニックで包茎の手術を受ける男性が多いのかと言えば、それはズバリ、美容系クリニックの方が、仕上がりが美しいから。

病院の泌尿器科で行われる手術方法には、背面切開法と環状切開法という2つの方法があるのですが、背面切開法は包皮に切れ目を入れるだけの簡単な手術方法であるため、余分な包皮を切除するようなことはしないので、手術後にもズル剥けにはなりません(仮性包茎の状態になるだけ)。もう一方の環状切開法は、余分な包皮を環状(輪切り)に切除して縫合するという手術方法なのですが、こちらにはやはり、手術の痕が残りやすいというデメリットがあります。また、包皮の切除後に縫合する際に、亀頭と根元付近の皮膚を縫い合わせることになるので、手術後にどうしても色の違いが出やすくなってしまいます(ツートンカラー現象)。なので、必然的に、仕上がりの美しさを期待することができなくなってしまうのです。
というわけで、料金よりも手術後の見た目のよさを重視すると、“お金は多めにかかるけど、美容系クリニックで”と判断することになるようです(仮性包茎の場合は、保険が適用されないので、最初から美容系クリニックを選ぶ方が圧倒的に多いようです。ただし、すべての美容系クリニックの医師が熟練した技術を持っているわけではないので、実際に手術を受ける場合は、慎重なクリニック選びが必須にして、非常に重要になります)。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや疑問にも応(答)えてくれるようなので、「もっと詳しく手術方法について知りたい」という方は、一度、電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >