大人の上野クリニックまとめ!

3種類の包茎、それぞれの特徴

早期の治療が必要なのは真性&嵌頓包茎!
包茎には、真性、嵌頓(カントン)、仮性の3種類があります。保険が利く真性包茎と嵌頓包茎は、早期の手術が必要とされています。

仮性包茎にもいろいろな弊害が…

真性包茎とは、平常時でも勃起時でも、24時間いつでも、亀頭が包皮に包まれている状態にあるペニスのこと。普段(平常時)は、亀頭(の全部、または一部)が包皮に包まれているが、勃起時には、痛みなどを感じずに亀頭を自由に露出させることのできる場合は、仮性包茎ということになります。嵌頓包茎は、包皮輪(包皮の出口)が狭いために、勃起時に亀頭を露出させようとすると、締め付けられて痛みが伴い、亀頭をすべて露出させることができないペニスのことを言います。また、嵌頓包茎は、無理に亀頭を露出させると、元に戻らなくなることがあり、最悪の場合は、陰茎組織が壊死することもあります。
というわけで、真性包茎と嵌頓包茎は、早期の手術が必要とされています(保険が利きます)。仮性包茎は、基本的には日常生活に支障をきたすことはないのですが、常に亀頭が露出されているわけではないので、包皮の内側にカス(恥垢)が溜まりやすいために悪臭を放ったり、不衛生にもなりやすいので、亀頭炎や包皮炎、性感染症などにかかりやすくなる、といったデメリットがあるので、トラブル防止のために手術を決断する方も少なくないようです(見栄えの問題もありますし)。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みや心配事にも、電話やメールで相談に乗ってくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >