大人の上野クリニックまとめ!

クラミジアの予防法

コンドームを正しく装着して性行為をすることが最大の防御法!
クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという微生物(病原体)を体内に持つ、保菌者と性行為をする(その人の粘膜や分泌物に触れる)ことによって感染します。なので、性器が直接、相手の粘膜や分泌物に触れないように、コンドームを正しく装着して性行為をすれば、クラミジアの感染を防ぐことができます。

性器から口へ感染することもあるので、オーラルプレイもコンドーム着用で!


クラミジアは、性器から性器へ感染するだけでなく、性器から口へも感染することがあるので、クラミジアを予防するためには、コンドームは挿入の直前ではなくオーラルプレイに及ぶ前に装着するようにしなければなりません(男性がクンニリングスをする場合は、女性にオーラルプレイ用のコンドームであるデンタルダムなどを装着してもらうようにします)。
しかし、残念ながら、それだけでは、クラミジアを完璧に防止することはできません。クラミジアは口から口へ感染することもあるので、ディープキスだけでも感染する可能性があるからです。
なので、できるだけ完璧に近い形でクラミジアを防止するためには、性行為の相手をパートナーの女性だけに限定し、2人揃ってマメに性病の検査を受けることが必要になってきます。当然ながら、話の流れや付き合いで、パートナー以外の女性と性行為をすることになった場合は、それから1ヵ月くらいはパートナーの女性との性行為は自粛し(クラミジアは1~3週間と潜伏期間が長めなので)、もし、尿道の不快感や排尿痛などの症状が出てきたらすぐに病院に行って、治療をしてもらうようにしなければなりません(症状が出なくても、念のため、一度は検査を受けた方がよいでしょう)。
ちなみに、上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、性病に関するあらゆる悩みや疑問に応(答)えてくれるようなので、もし何か不安に感じることがあったら“ひょっとしたら、マズいかも!?”と思ったら)、まずは電話かメールで、問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >