大人の上野クリニックまとめ!

不妊症を引き起こす性感染症

不妊症を引き起こすクラミジアや淋病は自覚症状があまりないため、自発的に検査を受けてチェックすることが非常に重要!
性感染症によって卵管の癒着や炎症が起きると、不妊症になる可能性が出てきます。なので、性感染症になった場合は、放置することなどは、もってのほか。しっかりと検査を受け、性感染症のチェックをすることが必須にして、非常に大切になります。

炎症によって卵管が塞がってしまうと、精子が通過できなくなり、不妊症に…。

不妊症を引き起こす性感染症には、クラミジアや淋病などがあるのですが、どちらも自覚症状があまりないため、感染したことに気付かないケースが少なくありません。なので、感染に気が付かずに放置してしまうことも珍しくなく、そうすると当然ながら、体内で感染がどんどん広がっていくことになり(膣から子宮頚管→子宮内膜→卵管へと炎症が進む)、炎症によって卵管が閉塞してしまった場合は、精子がそこを通過できなくなり、不妊症になる危険性が高くなってしまいます。
というわけで、クラミジアや淋病に感染していることに気付かずに放置してしまうと、取り返しのつかない事態に陥る可能性もあるため、非常に大きな注意が必要になります。なので、しっかりと性病の検査を受けることがとても大切になります。卵管が炎症によって癒着して、一度塞がってしまうと、回復させるのは非常に難しいことのようなのですが、まだ病気の初期段階で炎症が軽いうちなら、治療はさほど難しくなく、時間もそうかけずに治すことができるようなので、性病のチェックと早期治療が重要になるのです。
上野クリニックでは、性病の検査だけでなく、性病に関するあらゆる疑問や悩みにも答(応)えてくれるようなので、自分だけでなく、パートナーの女性に関することでも何か不安を覚えたら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >