大人の上野クリニックまとめ!

ED治療薬 「バイアグラの副作用」

バイアグラを服用すると、陰茎だけでなく、全身の血行が急激によくなるため、副作用が生じることも!
1998年にアメリカで誕生してから、20年近くに渡って大きな支持を集め続けているバイアグラ。EDに陥り、諦めかけていた勃起をさせてくれるのですから、頼りたくなるのは、男性としては当然の心理。人気が出るのも当たり前。ですが、やはり、他のED治療薬と同様に、副作用というものがあるようで…。

服用前に予備知識を得ることと医師への相談が必須

 
勃起とは、陰茎の海綿体に血液が集まることで性器が硬くなる現象のこと。バイアグラを服用すると血管が拡張し、全身の血流がよくなるため、下半身にも多くの血液が流れ込み、陰茎が充血することになります。簡単に言えば、バイアグラを服用すると、陰茎の海綿体に血液が流れ込みやすくなり、その結果、勃起することが可能になるのです。ただし、バイアグラを服用すると、陰茎だけでなく、全身の血行が急激によくなるため、そのことによって、副作用が生じるケースが出てきます。
バイアグラの副作用として、最も多くみられるのは、「顔の火照り」と「目の充血」です。この二つの症状は、バイアグラの服用者の9割が体験すると言われていて、実際、多くのバイアグラ利用者に、「顔の火照り」と「目の充血」という副作用が現れています。また、「頭痛」や「動悸」、「鼻詰まり」といった副作用が出ることも少なくなく、「消化不良」や「胃痛」、「胸痛」などの症状が現れることもあるようです。
というわけで、実際にバイアグラを服用する場合は、「顔の火照り」と「目の充血」などの副作用が現れることを、想定することが必要になってきます(警戒心を持たない状態で、急にそれらの症状が出ると、パニックに陥る可能性もあるので)。また、心臓疾患を抱えている人や、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞の既往歴がある人などは、バイアグラの服用自体が禁じられているので、服用前に医師に相談することが非常に大切になってきます。
ちなみに、上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、電話やメールなどでも、EDに関する悩みの相談にも乗ってくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >