大人の上野クリニックまとめ!

泌尿器科で包茎手術

真性包茎やカントン包茎であった場合は、美容系のクリニックではなく、病院の泌尿器科で手術を受けた方がお得!?
真性包茎とカントン包茎は、保険が利きます。なので、病院の泌尿器科に行けば、自由診療の美容系クリニックよりも、かなりお安い料金で手術を受けることができます。ですが、大きなデメリットもあるので…。

仕上がりの美しさを重視するなら…

 
仮性包茎は保険適用外ですが、真性包茎とカントン包茎は、保険が利きます。なので、病院の泌尿器科で手術を受ければ、自己負担分は、全体の料金の3割で済みます。その具体的な金額は、1~3万円程度なので(料金に開きがあるのは、手術代の他に、診察料や薬代、アフターケアにかかる費用などが加算されるから。手術代だけなら7千円くらい)、自由診療の美容系クリニックで手術を受けた時よりも、大分、出費を抑えることができます。
しかしながら、泌尿器科の包茎手術には、大きなデメリットがあるため、実際に手術を受ける際には、熟考することが必要になります。泌尿器科では、術後の美しさをあまり重視していないので、“キレイで自然な仕上がり”を期待することが難しいのです。病院の泌尿器科は、病気を治す(症状を改善させる)ことを目的に治療(手術)を行うので、美容系のクリニックで手術を受けた時のような、術後の“見栄えのよさ”をあまり期待できないのです。
というわけで、仕上がりの美しさを重視するなら、包茎手術のプロである医師たちが執刀してくれる、美容系クリニックを選択した方がベターな方法となります(ただし、全てのクリニックの医師が熟練の腕を持っているというわけではないので、実際に手術を受ける際には、クリニックに関する入念な下調を必要とします)。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる相談に、電話やメールでも乗ってくれるようです。


包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >