大人の上野クリニックまとめ!

性病の感染リスクを高める性行為③ 「オーラルセックス」

淋病、クラミジア、ヘルペスはフェラチオでも感染する!?
今やオーラルセックスは当たり前。フェラチオやクンニリングスをしたことがないという人の方が珍しいのかもしれません。しかしながら、オーラルセックスを行うと、性病に感染するリスクが高まるので、実は大きな注意が必要。決して軽いノリで行うようなことではないのです。

風俗遊びをしたら、パートナーとの性行為は当分、自粛。性病の検査も必要!?

オーラルセックスとは、フェラチオやクンニリングスなどの口で行う類似性行為のこと。AVの普及とともに、カジュアル化し、今では完全に特別な行為ではなくなっています。ですが、気軽にオーラルセックスを楽しんでいると、思わぬ落とし穴にハマることもあるので注意が必要。淋病やクラミジア、ヘルペスといった性病は、オーラルセックスで感染することがあるからです。
特に淋病は感染しやすく、女性がフェラチオをして男性の尿道に淋菌が感染すると、男性は排尿時に激しい痛みを感じ、さらに、尿道から膿が出るようになってしまいます。実際、性風俗で働く女性の喉からは高い確率で淋菌が見つかっており、そのことが主な感染ルートになっている、とも言われています。当然ながら、男性が風俗で淋菌をもらってきてしまった場合、プライベートで彼女や奥様にフェラチオをしてもらうと、今度は女性の喉に感染させてしまうリスクも高まってしまうので、風俗に行った場合は、少なくとも、それから数日はパートナーの女性との性行為は控えるようにして、その間にきちんと性病の検査を受けることが大切になります。
というわけで、今や完全にカジュアル化しているオーラルセックスですが、実はかなり危険な行為、とも言えるのです。なので、できることなら、オーラルセックスは避けるようにした方がよいのでしょうが、「愛し合う際のテンションを高める手段として、オーラルプレイ(セックス)がどうしても必要」という方は、パートナーとだけ行う限定的な行為にするか、オーラルセックスをした後には上野クリニックのような専門の病院に行き、マメに性病の検査を受けるようにするといいかもしれません。ちなみに、上野クリニックでは、性病の検査や治療だけでなく、電話やメールで、性病に関するあらゆる悩みの相談にも乗ってくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >