大人の上野クリニックまとめ!

性病の感染リスクを高める性行為① 「挿入直前のコンドーム装着」

性病の感染を防止するためには、コンドームを装着するタイミングが重要!
性病の感染を防ぐためには、コンドームを着用してセックスを行うことが最も効果的(厳密に言えば、セックスをしないことが一番の防御法なのですが、なかなかそういうわけにはいかないと思うので)。ですが、残念ながら、コンドームをしてセックスを行っても、性病の感染から完全に回避することはできません。

射精するかなり前の段階で出るカウパー腺液も、実は要注意!?

 
性行為をする際に、相手の女性が性病に感染しないようにするためには、コンドームを装着することが一番大事。ですが、ペニスにコンドームを装着するタイミングが遅くなると、相手の女性が、性病に感染するリスクが高まってしまうので注意が必要。「いざ挿入!」となった時ではなく、勃起する前にコンドームを装着しないと、性病感染の確率が上がってしまうので。男性のペニスからは射精時だけでなく、その前の段階でカウパー腺液(“先走り汁”とか“ガマン汁”などと呼ばれるもの)が出ていて、その中には僅かながら精液も含まれているから。性病を発症させる細菌やウイルスは精液の中に存在しているので、ペニスからカウパー腺液が出る前にコンドームを装着しないと、性病に感染するリスクが高くなってしまうのです。
というわけで、性病の感染を防止するためには、コンドームを装着するタイミングが非常に重要。「早めにコンドームしちゃうと、気持ちよさが半減しちゃうんだもん」なんていうのは、自分のことしか考えていない男性の完全なエゴで、言い訳にもなりません。上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、検査も行っているので、もし性病に感染する可能性のある行為(風俗遊びとか)をした場合には、早めに検査を受けに行くようにするといいかもしれません。大切なパートナーを性病に感染させないようにするためには、自分が性病にならない(万が一、感染してしまった場合は、すぐに病院に行って治す)ことが、何よりも重要なので!

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >