大人の上野クリニックまとめ!

包茎に関する男の本音② 「包茎を治したいと思っていますか? 」

できることなら治したい。だけど、いろいろな事情で、なかなか…。
「日本人男性の約7割が包茎(その大半が仮性包茎)」と言われるくらい多い、包茎男子。その率直な胸の内は? やはり、ズル剥けになりたい! と思っているのでしょうか?

包茎男性の8割以上が「治したい」と思っている!?

包茎は見栄えが悪く、女性受けもあまりよくない。亀頭を包皮が覆い隠してしまっているため、その内側にカスがたまりやすく、その結果、悪臭を放ったり、性病にかかりやすくなる。それだけのデメリットがあるのだから、包茎の男性は、きっと少なからぬ危機感を抱いているはず。少なくとも、「治したい」とは思っているのでは?
そんな予想をしながら、上野クリニックが行ったアンケート調査(包茎の男性100人に、「包茎を治したいと思う?」と質問)の結果を確認したところ、予想通り、「YES」(「治してみたい」)と回答した男性が8割強(80.6%)もいたため、深く納得しつつ、「包茎はやはり、いろいろな意味で辛いのだろう」、とちょっと同情。ただし、その中には、「できれば治してみたい」と回答した男性が50.5%も含まれているため、「今すぐ何とかしないと」という切迫感は、さほど強くはなさそう。なので、「チャンスがあれば包茎を治療したい」というのが、包茎男子のスタンダードな気持ちと解釈するのが適当と言えそう。おそらく、「治したいのはやまやまだけど、それにはお金や強い気持ち(踏ん切り)が必要。だから、なかなか現実的には…」という男性が多いのでしょう。
というわけで、日本人男性の包茎の割合は、高値で安定しているわけですが、もし、「包茎を治したい」と強めに思っているのならば、一度、上野クリニックに電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みの相談にも乗ってくれるようなので。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >