大人の上野クリニックまとめ!

ペニスの3大弱点 それぞれの克服方法

ペニス増大手術で3大弱点を改善できる!?
ペニスの3大弱点とは、短小、包茎、早漏のこと。短小は先天的な問題なので、治療(手術)をしても、改善はできても、劇的に変化(増大)させることは簡単ではありませんが、包茎や早漏は、しっかりと治療を行えば、弱点を克服することが十分に可能です。

すべてを完璧に克服することは難しくても、改善させることは十分に可能!

包茎を克服する方法は非常にシンプル。上野クリニックのような専門の病院に行って、手術を受ければいいだけ。ですが、クリニックによっては、経験があまりないために、術後に問題を発生させてしまうケースも見られるので、クリニック選びは慎重に行わなければなりません。
短小克服には、ペニス増大(亀頭にヒアルロン酸やコラーゲンを注入)と長茎術(お腹の中に埋もれているペニスの付け根の部分を外科手術によって引き出す)という二つの施術法があります。ですが、長茎術は、大きなリスクを伴う上に、手術をしても勃起時の長さはさほど変わらないというデメリットがあるため、その治療(手術)を行っているクリニックはあまり多くはありません。ペニス増大も、亀頭を大きく、逞しくすることはできるのですが、ペニス増大の手術を行ったからと言って、ペニスが伸びるわけではないので(亀頭が大きくなった分だけ長くはなりますが)、短小のペニスを劇的に生まれ変わらせる(見違えるほど長くする)ことは、かなり難しい(不可能?)と思っていた方がいいかもしれません。
早漏の改善には、亀頭全体に薄くヒアルロン酸を注入する『早漏防止法』が効果的。亀頭全体に薄くヒアルロン酸を注入すると、亀頭に膜を一枚敷き詰めたような感覚になるため、早漏の主原因である“敏感すぎる亀頭”の保護が可能になるのです。
上野クリニックでは、ペニスの3大弱点の治療はもちろんのこと、ペニスに関するあらゆる悩みの相談にも乗ってくれるようなので、もし何か心配事があったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >