大人の上野クリニックまとめ!

性病トピックス⑯ 「性病と妊娠」

性病に感染したまま妊娠すると、流産や死産の危険性が!
性病は、自分だけの問題ではありません。大切なパートナーを感染させてしまう危険性もあるからです。なので、定期的に性病のチェック(検査)をすることがとても大切。特に、既婚男性は!

相手に大きなダメージを与えてしまう危険性があることは、既婚でも独身でも同じ

 
性病には、感染してから症状が出るまでの潜伏期間が長いものや、自覚症状が出にくいものがあります。なので、感染してもそのことに気付かずに、今度は自分が性病をうつす側になってしまうことも十分に考えられます。だから、性病のチェック(検査)はとても大事。大切なパートナーを守るためにも!
特に、既婚男性は、定期的に性病の検査を受けることが非常に重要。もし、どこからか性病をもらい、それを奥様にうつしてしまい、その状態のまま奥様が妊娠してしまうと、お腹の中のお子さんにも感染し、最悪の場合、流産や死産という結果を招くこともあるので。
また、性病が母子感染してしまうと、お腹の中のお子さんは抵抗力が非常に弱いため、様々な障害(肺炎、失明、奇形)が出てしまうこともあるので、奥様がすでに妊娠している時はもちろんのこと、妊娠前であっても、性病には細心の注意を払う必要があります。なので、もし、仕事関係の人との付き合いなどで、風俗店に行くようなことがあったら、その後には面倒くさがらずに、病院に行って検査を受けるか、検査キットを購入して、セルフチェックを行うようにした方がいいでしょう。
というわけで、既婚男性にとって、性病検査はとても大切なことなのですが、もちろん、「独身ならスルーしていい」というわけではありません。感染に気付かぬままに性行為をしてしまった場合、相手に大きなダメージを与えてしまう危険性があることは、既婚でも独身でも同じなので。
上野クリニックでは、性病の検査や治療はもちろんのこと、性病に関するあらゆる悩みや心配事にも応えてくれるようなので、何か思い当たることがあった場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >