大人の上野クリニックまとめ!

非常に気になる女性の本音② 「彼氏が包茎だったら、治してもらいたい?」

「早く手術してきて」と懇願する女性がいないのは、単に言いにくいから!?
もし女性が包茎ペニスを忌み嫌っているとしたら、パートナーの男性に、「早く手術してズル剥けになってきて」と懇願するはず。だけど、そういう話はあまり聞かない。ということは、「クサいな」と感じることはあっても、ほとんどの女性が、「まあ、耐えられるレベルかな」と、思っていてくれている? でも、それって、もしかしたら、男にとっての都合のいい解釈? 実際のところは、どうなんでしょうか?

包茎否定派の女性でも、話し合いの余地はあり!?

 
基本的に、男は鈍感で、女性は敏感。細やかな気配りができる人は、圧倒的に女性の方が多い。だから、感じたことをそのまま口に出すようなことは、女性はほとんどしない。かなり強めに、嫌だと思っている時でも…。
上野クリニックが行ったアンケート調査(お題は、「彼が包茎だったら治して欲しい?」 )によると、「治して欲しいとは思わない」と答えた女性は、わずか17.5%。8割以上の女性が、「包茎は治して欲しい」と思っていることが判明。男性に直接、「手術してきて」と言わないのは、“女性の優しさ(気遣い)”だったことが、はっきりしてしまったのでした。
ですが、「絶対に治して欲しいと思う」と答えた、包茎が大嫌いな女性は22.3%に過ぎず、その3倍近い(60.2%)女性が、「まぁまぁ治して欲しいと思う」と答えているので、「絶対に包茎はムリ」と考えている女性は、そんなには多くないことも同時に分かったので、基本的には、話し合いの余地はありそう。
というわけで、もし彼女がセックスをする時に、視線を下に向けて微妙な表情をするようなことがあったら、包茎問題について一度、腹を割って話し合った方がいいかもしれません。ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みの相談にも乗ってくれるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >