大人の上野クリニックまとめ!

「勃起はできても途中で萎えてしまう…」 中折れの原因

50代の男性の7割が中折れを経験!? 加齢だけでなく、不安や緊張、プレッシャーが原因で起こることも!
厄年を過ぎる頃から多く見られるようになり、五十路になる頃には、男性の6割以上が経験することになるという“中折れ”。その原因は?

直接的な原因は、ペニスの海綿体の抹消血管が収縮してしまうから

中折れとは、性行為の途中で勃起していたペニスが萎えてしまうこと。中折れは中高年の男性に多く見られる現象で、2009年にファイザー(バイアグラの製造・販売で有名な製薬会社)が、成人の男性7710人を対象にして行った調査によれば、40代、50代でそれぞれ6割と7割、70代になると、なんと8割もの男性が、中折れの経験があると回答しています。
というわけで、中折れは、加齢と大きな関係があるわけですが、その直接的な原因は、年齢が中高年の域に差し掛かると、ペニスの海綿体の抹消血管が収縮するようになってしまうため。血管が細くなれば、当然ながら、血液が流れ込みにくくなり、勃起した状態を維持することが難しくなってしまうのです。

中折れせずに、ずっとビンビンのままであり続けるためには、海綿体への血液の流入を促す体内物質を放出して陰茎動脈を広げ、それと同時に、海綿体からの血液の流出を止める体内物質を出して陰茎静脈を閉じなければなりません。なので、両方の機能が正常に働くことが、勃起した状態を保つ条件になるのですが、年を取ると、血液の流入を促す体内物質の量が減少してしまうので、一旦、萎えてしまうと、再勃起が難しくなってしまうのです。
また、中折れは、「不安」や「緊張」、「焦り」、「プレッシャー」などが原因で起こることもあります。「マスターベーションでは最後まで勃起できているのに、性行為では途中で中折れしてしまう」という場合は、“心因性のED”である可能性が高くなります。
上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関する悩みや心配事にも応えてくれるようなので、もし何か心当たりがあったら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >