大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術の適齢期

成人式を迎える頃まで包茎だったら、その後に剥けてくれる可能性は限りなく低い!?
包茎手術は、いくつくらいで受けるのがベターなのか? 割礼という儀式(習慣)があるくらいなので、生まれてすぐ? それとも…。

包茎は自分だけの問題ではなく、パートナーの女性にも影響があるから…。

一般的に、「男性の体の成長は18歳くらいでストップする」と言われています。なので、成人式を迎える頃まで包茎のままであったら、自然に包茎を脱することは難しい(不可能?)と考えた方がいいかもしれません。
というわけで、包茎手術の適齢期は、20歳前後と言えそう。
ですが、「いやいや、そんなに焦って手術する必要なんてないだろ。人生経験を積みながらじっくり検討して、心の底から“包茎を脱したい”という気持ちになった時こそが、手術を受けるベストな時期。だから、別に、中年になってからだって、極端に言えば、60、70のじいさんになってからだって遅くはないよ」という意見を持つ方も、当然いるはずですし、そういう考え方ももちろん、アリ。
しかしながら、真性やカントン包茎である場合はもちろん、自分で自由に皮を剝くことができる仮性包茎であっても、その度合いが高めである場合は、性行為を含めた日常の生活の中で、支障(「陰毛が包皮に絡まりやすく、陰毛が引っ張られて痛くなったり、逆に陰毛が包皮を傷つけてしまうことがある」「包皮や亀頭が炎症を起こす」「通気性が悪くバイキンの温床になり、性病にかかりやすくなる」)が生ずる確率が高くなってしまうので、そういった弊害を回避するためにも、早めに手術を受けておいた方が無難。包茎は自分だけの問題ではなく、お付き合をしたり、結婚をしたりすることになる相手の女性にも、害を及ぼすこともあるので(コンプレックスを抱えたまま青春時代を過ごすのは、なかなか辛いことでもありますし)。
上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる疑問や心配事にも答(答)えてくれるようなので、もし包茎手術を受ける時期的なことで悩んでいたりするのであれば、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >