大人の上野クリニックまとめ!

勃起のメカニズム 「カギを握る“サイクリックGMP”」

サイクリックGMPが増えれば、海綿体に血液が大量に流れ込み、ペニスがビーン!
勃起するためには、海綿体の中で、サイクリックGMPという物質が増えることが必須条件。ペニスは、サイクリックGMPが増えることによって海綿体の筋肉が緩み、その結果、血管が拡がって血液が大量に流れ込み、最終的に硬く大きくなって起ち上がる、という仕組みになっているので。

勃起には、脳、神経、血管、海綿体の正常な働きが必要!

ペニスを勃起させるためには、まず、大脳に性的な刺激を与え、興奮させることが必要になります。ちなみに、大脳は、女性の裸を見たり、性行為をしている自分の姿を思い浮かべるなどの心理的な刺激を、もしくは、ペニスに直接、触れられたり、バイクや自転車に乗っている時に、ペニスが微妙な振動を受けたりするなどの物理的な刺激を受けることによって、興奮することになります。
そうした刺激を受けて大脳が興奮すると、それが脊髄を通って勃起中枢(神経)に伝わり、そこからさらにペニスの陰茎海綿体の神経に達します。すると、陰茎海綿体の中で一酸化炭素が放出されるようになり、そのことによって、サイクリックGMPという物質が増えていくことになります。サイクリックGMPが増えていくと、海綿体の筋肉が緩んで血管が拡がり、その中に血液が大量に流れ込むようになるので、その結果、海綿体が血液で満たされることになり、最終的には、大脳が刺激を受ける前には、しょんぼりした感じで下方に垂れていたペニスが硬く大きくなり、力強く起ち上がっていくようになります。
というわけで、ペニスをしっかりと勃起させるためには、ペニス(海綿体)だけでなく、脳や神経、血管の正常な働きを必要とします。なので、その働きが損なわれるとEDに陥ることになります。
上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、勃起に関するあらゆる悩みや心配事に応えてくれるようなので、もしどこかに不調を感じたら、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >