大人の上野クリニックまとめ!

要手術はカントン包茎から?

仮性包茎は皮被りの程度により、手術が必要かを判断!?
勃起時だけでなく、平常時でも手で皮を剥くことができない真性包茎は、早期の手術が必要(正常な性行為ができないことに加え、複数の病気の原因になるため)。平常時には亀頭をどうにか露出させることができるカントン包茎も、最悪の場合、ペニスの細胞組織が壊死してしまうリスクがあるため、やはり、手術を受けた方が無難。真性包茎と同じように、カントン包茎であることが複数の病気の原因にもなるので。

大切なのは清潔な状態を保つこと。それが難しい場合は…。

真性包茎とカントン包茎は、将来のことや健康面を考慮すると、手術を受けた方がいい、と言えます。特に、常に亀頭が包皮に覆われている状態になっている真性包茎は、早急な治療(手術)が必要。なぜかと言えば、亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭の成長が阻害され、短小や先細りのペニスになりやすく、正常なセックスを行うことが不可能だから。また、真性包茎を放置しておくと、「不衛生であるがゆえに、性器が悪臭を放ちやすくなり、亀頭炎や包皮炎、性病(STD)にかかるリスクも高まる」といった問題も生じてきます(最悪の場合は陰茎癌を招くことも)。
というわけで、真性包茎は早期の手術が必要。カントン包茎は、平常時には亀頭をどうにか露出させることができるので、マメに皮を剥いて、包皮の内側をできるだけ清潔に保つようにすれば、手術をしなくてもいいような気もしますが、カントン包茎は、包皮の出口が狭いため、強引に皮を剥いたりすると、包皮口が亀頭の根元を締めつけて元に戻すことができなくなってしまうので、やはり、手術が必要、と思っておいた方がよいでしょう。カントン包茎を放置してしまうと、真性包茎と同じように、悪臭を放ちやすくなるだけでなく、亀頭炎や包皮炎、性病(STD)にかかるリスクも高まってしまうので。
仮性包茎に関しては、日常生活に支障はなく、性交の際にも痛みを伴わないため、包皮を剥いて亀頭を露出させておくことが習慣になって(常にペニスを清潔な状態に保っておくことができて)いれば、必ずしも手術をする必要はありません(当然ながら、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎である場合は、要手術となります)。
上野クリニックでは、包茎の治療(手術)だけでなく、包茎に関するあらゆる悩み(心配事)に応えてくれるようなので、もし手術を受けるかどうかで迷っている場合は、まずは一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >