大人の上野クリニックまとめ!

更年期障害によるED

加齢に伴う男性ホルモンの分泌量の低下により、イライラや抑うつ気分などとともに性機能障害の症状も!
加齢に伴って心身に変調をきたす更年期障害は女性特有のもの。ではなく、男性も無関係ではありません。そして、男性が更年期障害になると、EDの症状が出ることも…。

過剰なストレスに晒されることになる40代に突入したら要注意!

 
更年期障害は、加齢に伴って性ホルモン(男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロン)の分泌量が減り、イライラや抑うつ気分、ほてり、のぼせ、疲労感、不眠など、様々な症状が発生する病気。また、男性の場合は、EDなどの性機能障害の症状が現れることもあります。
女性の更年期障害は、閉経をきっかけにして、女性ホルモンであるエストロゲンが“急激に”減少することで、のぼせやほてり、イライラ感などの諸症状が現れることになるのですが、男性の場合は比較的“ゆっくり”と、徐々に病気が進行し、前述したような症状が少しずつ現れてきます。また、男性の更年期障害は、社会的にも肉体的にも多くのストレスに晒されることになる、40代の後半くらいに症状が現れ始めることが多いため、それらの過剰なストレスと密接な関わりがあると考えられています。
というわけで、男性の場合は、40代に突入したくらいから更年期障害に注意をする必要があるのですが、その原因である男性ホルモンの低下を防ぐためには、前述したように、過度なストレスを溜め込まないようすることが非常に大切になります。
上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みに応えてくれるようなので、もし何か不安に思うことがあったら、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >