大人の上野クリニックまとめ!

包茎になる理由

包茎から脱することができるかどうかは包皮の長さ次第!?
生まれたばかりの男児は皆、包茎。しかしながら、全体の3~4割の男性は、大人になるまでに包茎を脱する。その分かれ道は、果てしてどこに?

思春期のオナニーは、亀頭を露出させて行うことが大事!

 
幼い男の子が皆、包茎なのは、免疫力が低く、生殖能力もないため。まだ弱いペニスを包皮で守っているわけです。なので、体の成長とともに免疫力や生殖能力が高くなっていくと、ペニスを包皮で守る必要がなくなってくるため、少しずつ成長していくペニスが徐々に包皮口を押し広げ、最終的には亀頭が露出することになります。ですが、そういったズル剥け状態になれるのは全体の3~4割程度で、残りの男性は仮性包茎、もしくは真性包茎になってしまいます。
なぜそのような違いが出てしまうのかと言いますと、それはズバリ、「それぞれの男性によって、ペニスの包皮の長さに違いがある」から。当然ながら、包皮が短ければ、成長した亀頭によって包皮口を簡単に押し広げることができるため、ズル剥けのペニスになりやすく、逆に、包皮が長い場合は、成長していく亀頭の力だけでは包皮口を押し広げることができないため、皮が被ったままの真性包茎になる確率が上昇してしまうのです(仮性包茎はその中間)。
というわけで、ズル剥けになれるかどうかは包皮の長さにかかっているわけですが、残念ながら、包皮が長くなる原因は、はっきりとは分かっていません。ですが、思春期に亀頭を露出させずにオナニーを繰り返していると、包皮が縦方向に伸びやすく、包皮口が広がりにくくなってしまうようなので、成長過程にある思春期の男性は、オナニーする際には、できるだけ亀頭を露出させて行うようにした方がよいでしょう。
ちなみに、上野クリニックでは、包茎の治療だけでなく、包茎に関するあらゆる悩みに応えてくれるようなので、もし包皮関連の悩みがある場合は、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >