大人の上野クリニックまとめ!

アルコールと勃起の関係

お酒は適量であれば、リラックス効果によって、セックスをより楽しめる!?
男性なら誰しも、「いやー、昨日、飲み過ぎちゃってさ。おかげで、アソコがぜんぜん役に立ってくれなくて困っちゃったよ」なんて話を、友人から聞かされた経験が一度や二度はあるはず。だけど、それって、本当のことなの? 単なる思い込みなのでは? というわけで、今回は、お酒と勃起の関係について、解説させていただきます。

酒豪と自負している男性でも、生ビール3杯が上限!?

結論を先に申し上げますと、確かに、「お酒を飲み過ぎると勃起しにくくなる」ようです。その理由はズバリ、「お酒(アルコール)を飲み(摂取し)過ぎると、神経の伝達が悪くなる」から。アルコールには中枢神経を抑制する働きがあり、そのことによって、気持ちを落ち着かせてくれたりもするのですが、それと同時に、勃起の機能も妨げられ(勃起の中枢神経がマヒし)てしまうため、アルコールを大量に摂取すると、自分の思うようにペニスをコントロールすることが難しくなってしまうのです。
なので、意中の女性が目の前にいる時は、深酒は厳禁。酒豪と自負している方であっても、生ビール3杯程度に止めておいた方が無難。お酒は適量(個人差はありますが、日本酒なら180~360ml、焼酎は100~200mlくらい)であれば、血液の循環をよくしてくれたり、前述したようにリラックス効果も期待できるのですが、飲み過ぎてしまうと、勃起云々だけでなく、高血圧や脳卒中などになるリスクが高まってしまうので、そういう意味でも、やはり、深酒は避けた方がよいでしょう。
上野クリニックでは、EDの治療だけでなく、EDに関するあらゆる悩みにも応えてくれるようなので、もし、「長いこと飲み過ぎる生活を続けてきたからか、最近、ずっと勃ちがイマイチなんだよな。困ったことに」なんて状態になっていたら、一度、電話かメールで問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >