大人の上野クリニックまとめ!

包茎手術 痛みを抑える麻酔技術

「包茎手術は痛い」は単なるイメージ!?
包茎の手術を受けることを決断する際に、ネックとなるのは、「ペニスの皮を切るなんて、なんだか痛そう」という不安。ですが、それは、高い技術力を誇るクリニックで手術を受ければ、あまり心配する必要はないようです。

基礎麻酔→深部冷却→極細針。3段階の麻酔システムで痛みを除去!

 
包茎手術の痛みを和らげて(感じさせなくして)くれるのは、ズバリ、優れた麻酔システム。麻酔は、一般的には全身麻酔、静脈麻酔、局所麻酔に大別されるのですが、全身麻酔と静脈麻酔は大きな手術で使われ、手術後に入院や休息が必要。局所麻酔ならば、手術後にすぐに帰宅することができます。
ちなみに、上野クリニックでは、局所麻酔を行っているようなのですが、そのやり方は実に丁寧。まずは基礎麻酔(スプレー式)として、ペニスの表面に麻酔薬を噴霧して皮膚の感覚を麻痺させ、続いて半凍結した特殊なジェルを直接ペニスに巻き付ける深部冷却を実施。そして、最後に極細針を使って麻酔薬を注入。注射針は細ければ細いほど痛みを感じさせないものらしいのですが、上野クリニックで使用されているのは、なんと日本で一番細い針! おまけに、その前の段階で、基礎麻酔と深部冷却によって、ペニスの感覚を深部まで麻痺させているので、麻酔薬を注入する時には、針を刺されたことさえ感じない状態になっているようです。
というわけで、上野クリニックのような長年に渡って“無痛治療”について研究をしてきたクリニックで手術を受ければ、痛みを心配する必要はないのかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >