大人の上野クリニックまとめ!

包茎の治療方法④ 「包茎矯正器具のタイプ別特徴と注意点」

リング、下着、接着剤、包茎矯正器具にはタイプがいろいろアリ!
日常的に亀頭を露出させることによって、包皮にムケ癖をつけることを目的として、製造販売がされている包茎矯正器具。そのメリットは、自宅で手軽に使用することができ、包茎手術よりも費用がかからない、ということ。しかしながら、その中には、医学的な根拠がないものや安全性に問題があるものも含まれているため、実際に使用する際には大きな注意が必要となります。

ペニスが炎症を起こしたり、締め付けられてしまうこともあるで、十分な注意を!

包茎矯正器具には、下着に装着するタイプのものや、接着剤を使用するもの、リング状になっていて、ペニス自体に装着するものなど、いくつかの種類があります。
下着に装着するタイプの包茎矯正器具は、下着と矯正器具が一体となっているのですが、 以前は、デザインが不恰好で、一目で包茎矯正器具を使用していることがバレてしまうという、大きな欠点がありました。ですが、最近では、普通の下着と変わらないタイプのものも増えてきていて、デザイン的な欠点は解消されてきています。
接着剤を使用するタイプの包茎用の矯正器具は、包皮をペニスの根元に集めた状態で接着し、亀頭を露出させるようにして使用します。 下着に装着するタイプのものと違い、器具を使用していることが他人にバレることがないという、大きなメリットがあります。ただし、接着剤を包皮に直接塗ることになるため、炎症などには十分に気をつけなければなりません。
リングタイプは、最もポピュラーな包茎矯正器具で、接着剤タイプと同じように、まずは余分な包皮をペニスの根元に集め、その状態でリング状の器具をペニスに装着して、亀頭を露出させた状態を保つようにします。注意点としては、リングに伸縮性のない器具を選んでしまうと、装着時に勃起した場合、ペニスが締め付けられてしまうことがある、ということが挙げられます。
というわけで、3種類の包茎矯正器具には、それぞれメリットとデメリット(注意点)があります。上野クリニックでは、包茎治療に関するあらゆる相談に乗ってくれるようなので、「包茎矯正器具を使用してみようかな」と考えている方は、一度、問い合わせ(相談)をしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >