大人の上野クリニックまとめ!

性病トピックス② 「放置しておいて自然に治る性病もある!?」

一旦、症状が治まっても、ある日突然、下腹部に激痛が走ることも! 性病は油断できない!?
性病には、感染後に何も治療をしなくても、しばらくすると症状が消えるものがあります。ですが、それは完治したというわけではなく…。

自然治癒する性病はない、と考えておいた方が賢明!?

たとえばクラミジアは、感染してから1週間くらい経過すると、排尿時に尿道がしみるように痛んだり、痒みを感じるなどの症状が出てきます。ですが、自覚症状がないことや、感染して数日で自覚症状が消えてしまうこともあります。なので、自然に治ってくれたと思う方も多いようなのですが、残念ながら、それは完治したわけではなく、実際には潜伏期間に入っただけで、そのまま放置してしまうと、症状が進んでいってしまいます。また、クラミジアの他にも、一旦、症状が治まる性病がありますが、それらの病気もクラミジアと同様、放置しておくと、症状が進んでいってしまうので、大きな注意が必要になります。
というわけで、結論を申し上げるとするならば、自然治癒する性病はない、と考えておいた方が賢明、ということになります。クラミジアなどは症状が消えたからといって放置してしまうと、突然、腹部に激痛が走ったり、女性の場合は不妊につながることもあるので、何らかの症状を自覚したら、できるだけ早く病院に行き、適切な治療をすることがとても大切になります。
上野クリニックでは、性病の治療だけでなく、電話やメールで性病に関する相談にも乗ってくれるようなので、何か違和感を覚えたら、問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >