大人の上野クリニックまとめ!

包茎の治療方法② 「実はいろいろな方法がある包茎手術」

包茎手術には糸や接着剤で皮が剥けた状態に固定するやり方もアリ
包茎手術と一口に言っても、そのやり方は、実はいろいろ。ペニスの皮を切らない包茎手術もあるのです!

高度な技術を要する複合曲線作図法

「余分な包皮を取り除くことで亀頭を露出させる」。それが一般的な包茎手術のやり方。ですが、包茎手術には、「包皮は切らずに糸や接着剤で剥けた状態に固定する」という方法もあります。ただし、剥いた状態の包皮を細い糸で数か所縫い付ける方法(ナチュラルピーリング法)は、比較的軽度の包茎向きであるため、重度の包茎の方には適用が難しく、医療用生体接着剤という接着剤で、余分な包皮をペニスの根元にくっつける方法(根元部固定法)も、半年ほどで接着剤の効果が弱まり、元に戻ってしまうというデメリットがあるので、長いスパンで考えるとやはり、実際に包茎手術を受ける場合は、余分な包皮を切除するオーソドックスな方法を、選択した方が無難であるのかもしれません。
ちなみに、上野クリニックでは、高度な技術を要する『複合曲線作図法』という手術方法で、包皮の切除を行っているようです。複合曲線作図法は、誰でも同じように包皮を切除するのではなく、手術を受けるそれぞれの男性の皮の余り具合に合わせ、切除線を亀頭から3~5㎜の箇所に設定して、臨機応変に包皮の切除を行うため、仕上がりを美しくすることができるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >