大人の上野クリニックまとめ!

性病名鑑⑦ 毛じらみ症

ケジラミは陰毛の毛根部に寄生し、人の血を吸って生き延びる吸血昆虫!
毛じらみ症とは、ケジラミ(毛虱)という吸血昆虫による性感染症。ケジラミの体調は1.5ミリほどで、体幅は1ミリ程度あるので、肉眼でも確認することが可能。ケジラミは陰毛の毛根部に寄生し、人の血を吸って生き延びます。ケジラミの成虫一匹が、30~40個の卵を産み、約1週間で孵化します。

腋毛や胸毛などに寄生することもあるので、性行為以外でも感染する可能性が!

 
毛じらみ症は、主に陰毛同士の接触で感染します。しかしながら、ケジラミは、肛門周辺の毛や腋毛、胸毛や太ももの毛などに寄生することもあるため、性行為以外でも、毛布やタオルなどを介して、間接的に感染することもあります(浴室やプール、サウナなどの場所で)。
ケジラミは、一見するとフケのように見えるので、見つけることが難しく、成虫になると陰毛の毛根にフック状の鉤爪(かぎづめ)で身体を固定して、人の皮膚から血を吸うようになります。また、陰毛の根元に1ミリほどの大きさの黒い卵を産みつけたりもします。
そんな毛じらみ症の症状は、陰毛部の異常な痒みで、それは、夜に眠っていられないほど強烈(“人前で思わず陰部をかきむしってしまうほど”と形容されることも多い)。なので、毛じらみ症になると、誰もが一刻も早く病院に行き、治療を受けたくなります。
毛じらみ症の治療方法は、ズバリ、剃毛! 陰毛を全て剃り落とすことによって、成虫が生息できない環境にし、それと同時に、卵を陰毛に産みつけられないようにします。何らかの事情で剃毛ができない場合には、陰毛部を清潔にした上で治療薬を塗るようにします。
ちなみに、上野クリニックで治療を受けた場合の料金の目安は、2,000円(診察費)であるようです。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >