大人の上野クリニックまとめ!

性病名鑑⑤ 性器ヘルペス

性的な接触によって感染し、疲労やストレスなど、ちょっとしたきっかけで再発を繰り返す!
性器ヘルペスは、最も一般的な性感染症のひとつ。その原因は単純ヘルペスウイルス。性器ヘルペスは、性的な接触でこのウイルスに感染することによって、発病します。

アシクロビルという効果の高い抗ウイルス剤で撃退!

性器ヘルペスの一番の特徴は、初感染後に免疫ができても、疲労やストレスなど、ちょっとしたきっかけで再発を繰り返すということ。ヘルペスウイルスは一度体内に入り込むと、腰仙骨神経節の神経細胞に棲みつき、潜伏してしまうため(潜伏感染)、風邪や疲労などによって免疫力が低下すると、ウイルスが再び暴れ出し、再発してしまうのです。
というわけで、性器ヘルペスには、急性型(初めて感染した場合)と再発型の2種類があり、急性型は、2~7日の潜伏期間の後に外陰部や膣内に熱を感じるようになり、それから3~4日すると、今度は米粒大の水疱ができます。さらに、それが破れると潰瘍状になり、外陰部が激しく痛むことになります。一方の再発型は、小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけの軽い症状で済むのが一般的です。
そんな性器ヘルペスの治療には、アシクロビルという効果の高い抗ウイルス剤が用いられます。急性型は、この薬を注射、または内服し、局所に軟膏を直接、塗ります。再発型は、症状が現れた時にこの薬を内服することで、数日で症状を改善させることができます。気になる治療費の目安は、検査費、診察費、薬代が、それぞれ10,000円、2,000円、30,000円(1週間分。軟膏代は別で5,000円)であるようです(上野クリニックで治療を受けた場合)。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >