大人の上野クリニックまとめ!

包茎トピックス⑥ 「泌尿器科とクリニックの違いって、なに?」

病院の泌尿器科は包茎治療を専門に行っているわけではないので、術後の仕上がりに不満が残るケースも…。
下半身に異変を感じた場合、泌尿器科とクリニックのどちらに行って診察を受ければいいのか? 過去に性病になった経験がない男性は、きっと迷ってしまうはず。というわけで、今回は、泌尿器科とクリニックの違いについて、解説をさせていただきます!

下半身の治療を幅広く行うのが泌尿器科。クリニックはペニス専門!?

 
泌尿器科とクリニックは、どのように違うのか? で、どちらに行けばいいのか? 過去に性病の治療をした方や、現在、包茎手術を検討している方なら、一度はぶつかった疑問ではないでしょうか。
泌尿器科とクリニックの違いを簡単に説明すると、尿路系や生殖器系などの、いわゆる“下半身”の治療を幅広く行うのが泌尿器科、包茎手術などペニスの治療を専門に扱っているのがクリニックと言えます。
もう少し詳しく解説すると、病院の泌尿器科は、腎臓・膀胱、前立腺、睾丸など、男性の生殖器系全般を扱うところで、もともとは外科に属していたため、包茎治療の専門知識や専門技術を突き詰めた医師が、それほど多くないようです。また、泌尿器科の包茎手術は、術後の美しさやセックスの快感をそれほど重要視していないので、術後にペニスがツートンカラーになったり、ペニスの皮に柔軟性がなくなって、セックスの快感が減少するなど、仕上がりに不満が残るケースも見られるようです。
というわけで、包茎手術などペニスの専門的な治療を受けたい時には、クリニックに行った方がよいのかもしれません。ただし、クリニックならどこでもOK! というわけではないので、注意が必要です。その中には、経験が浅いために技術が伴っていない医師が治療を行っているクリニックも含まれているからです。なので、包茎手術を受ける場合は、事前の下調べが必須にして、非常に重要になります。
上野クリニックでは、実際に治療を受ける前に、電話やメールで、包茎手術に関するあらゆる相談に応じてくれるようなので、もし包茎手術を検討しているのであれば、まずは一度、問い合わせをしてみるといいかもしれません。

包茎改善まとめ 記事一覧 >

ED解消まとめ 記事一覧 >

性病予防・治療まとめ 記事一覧 >

ペニス増大まとめ 記事一覧 >

アダルト情報まとめ 記事一覧 >